看護学校について

看護学校はいくらかかるの?どんなことをするの?バイトはできる?

これは男性、女性関係なくの情報ですが、これから看護師を目指そうとする方には必要な情報なのでなるべくわかりやすく説明したいと思います。

私も何も分からないまま学校に入って、後になってもっと早く知っておけばよかったなぁと思ったことがたくさんあったので、そんな内容を書きたいと思います。

看護学校に入るには、その費用

看護師になるためには看護師国家試験に合格し、看護師免許を取得する必要があります。そのためには学校に入らなければいけません。

学校は主に3種類あります。

 

①看護学科のある大学(4年)

②看護専門学校(3年)

③看護系短大(3年)

 

一応准看護師であれば医療関係の仕事で働きながら受験資格を得ることもできましたが、今は准看護師の養成学校は無くなりつつあるのであえて挙げません。

また今現在日本看護協会において看護師の資質向上のため、現在の看護学生の教育課程をすべて4年生にするなどの話も出てきており、今後どのような方向に進んて行くのか動向が気になるところですが、とりあえずは現状での話をします。

 

学費は学校によって様々ですが、最も安いのは公立の専門学校です。安い所では年額10~20万円ほどです。

最も高い所だと私立大学で授業料は年額を優に100万円を超えます。

授業料に加え、教科書代や制服代、その他聴診器やナースシューズなどの物品等でトータル30万円以上はかかるので出費は決して安くありません。

 

私はポケットマネーで学校に通おうと考えていましたし、脱サラしていたので多額の奨学金も借りるのはいやだったということもあり、公立の専門学校しか選択肢はありませんでした。

 

しかし、公立の専門学校はどこも倍率が高いです。最近の不況で医療業界の就職人気もあり倍率は2倍以上が当たり前です。しかも公立は社会人入試が無い所が多く、入学するには一般入試で現役生と闘う必要があったのでそりゃあ勉強はしました。

私の学校は倍率が約4倍で前職で働きながらの勉強だったのでそれなりにしんどかったですが、寝る間を惜しんでというほどではなく、仕事のあと1~2時間、休みに5~6時間を半年ほど続けて受かることが出来ました。

 

ただ入ってみて分かったことですが、本当に賢い現役生は大学を選ぶ傾向があるので、そんなに敷居が高いかと言われるとそうでも無いように感じました。

実際入試ではそんなに点数がとれた実感はありませんでしたが、後で先生に入試の点数は上位だったと言われ「え~ホントですか??」と言った記憶があります。(まぁそのあと、入試の点数はいいのになんで授業の成績が悪いの?ちゃんと勉強してる?と怒られたというオチがつくのですが、、)

 

どうせ行きつく先の目的は看護師免許取得なのですから安いに越したことはありませんよね。現役生なら推薦入試もあるので、それなりに優秀な生徒ならぜひ推薦で入ることをオススメします。

社会人から専門学校を目指すのなら、大学入るためにセンター入試を受けるよりははるかに簡単で費用も少ない道だと思いますので、とりあえず専門学校に入って安く看護師免許が欲しいと思われる方はこちらをオススメします。

大学に入ってもっと看護を勉強したい!となれば3年の専門学校を卒業してから大学に編入するという手もあります。

実際に行ける学校を探し、そこのオープンキャンパスに参加して校風を知ってから、かかる費用を調べて自分の懐具合と相談するのがいいのかと思います。後に簡単に紹介する奨学金制度もありますので、それも踏まえて考慮されると良いかと思います。

参考になるサイトがあるのでリンクを貼っておきます。

 

~看護学校の学費一覧~

http://school.js88.com/kango_gakkou/tuition/#kt_a6

奨学金について

ここは特に重要なのですが、奨学金についてです。

まず初めに言っておきます。

 

看護学校での奨学金には、返済免除の奨学金があります。

 

親がお金持ちで学費は心配いらないという現役生以外は、これを使わない手はありません。

 

その奨学金とは自治体の看護師等修学資金貸与事業の奨学金です。大体どこの都道府県でも実施しています。

返済免除の条件としては、都道府県が指定する医療機関にある一定年数以上勤務することとなっています。場所にもよりますが、大体3~5年程度が一般的なようです。県外に出たいと考えている方は対象となりませんが、学校の入試に合格したら、いの一番にしてほしいのはこの自治体の制度を調べる事です、借りれる金額は自治体によって異なります。

また、自治体では無く、病院自体が奨学金制度を実施している場合もあります。この場合は大体学校に通った年数分働いてくれれば返済免除となる場合が多いです。3年制の専門学校なら3年間働いたら免除という訳です。自治体の看護師等修学資金貸与事業では都道府県の指定する医療機関に指定されていなくても、この病院自体が奨学金制度を実施している場合もありますので、自身が就職先として考えられそうな病院は必ずチェックしておいた方がよいと思います。

 

ただし学校で看護を学んでいくうちに、自分がどんな看護師になりたい、どんな看護師が向いているという考えも生まれていくものなので、病院を選べなくなることが後々自分のクビを締めることにもなりかねないので(奨学金返済するなら別ですが)よくよく考えてから選ぶようにしましょう。

私の学校でもこの病院の奨学金制度を利用していて選べないことを嘆いていた生徒もいました。

 

ちなみに看護学生とは関係なく、どの学生に対しても実施されている日本学生機構支援奨学金制度というものがあります。この奨学金は返済免除がありません。

ちなみに管理人は安い専門学校に行きましたが生活費に苦労し、アホなので何も知らずこ奨学金制度を利用したため、今でもセコセコと奨学金を返済しています。ちなみに今働いている病院にも返済免除ありの奨学金制度はありました(泣)

 

看護学校ではどんなことを学ぶのか

看護学校ではどのようなことを学ぶのかはインターネットで調べればいくらでもでてくるので簡単にだけ述べておきます。

 

看護学校では主に座学と実習の2本立てで看護を学んでいきます。全体の前半は主に座学、後半は実習がメインになります。

座学では学校によって違いがありますが、老年看護学や精神看護学、母性看護学、小児看護学など具体的な看護の勉強を始め、ナイチンゲールやヘンダーソンなど過去の偉人の看護論を学んだりもします。他にも看護師に必要な知識として病理学や薬理学、微生物学、栄養学などの医療に関するものや、意外なものでは物理学や心理学、論理学なども必修単位に含まれます。個人で勉強するものあれば、グループワークで行うものなど様々です。

 

正直これらの座学で学ぶ内容はかなり詰め込み式な分、たいそう優秀な生徒以外は後半の実習メインに移行する前にはほとんど覚えていないことがほとんどです。

実習を行いながら大切な部分を学び直していったり、看護師国家試験の勉強時に思い出していく生徒が多かったですし、実際私もそうでした。

ただその時も今もそうですが、あのときの授業、ちゃんと受けてればよかったなぁと何度も思いました。

 

後半の実習部分は大体どこも似たようなものだと思いますが、以下の内容を1~2年掛けて実習していきます。

  • 基礎看護学実習
  • 老年看護学実習
  • 成人看護学実習(周手術期、慢性期、終末期)
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
  • 在宅看護学実習
  • 小児看護学実習

基礎看護学実習などは実際に病院で看護師に付いて回るような実習も初めのうちはありますが、それ以外は実際に患者さんを受け持ち、その人の病態や個別性など情報を収集しながら、その患者さんに必要な看護を先生と共に考えて実践していくというものになります。

 

看護学校は辛くて辞める子も多いと言われますが、その99%はこの実習で心が折れて辞めていったり留年したりします。座学なんてテストで点数取れなくても再試もあるしなんとかなります。なんとかならないのがこの実習です。

 

バイトは出来る?

学校によってバイトが禁止になっているところもあるので、その場合は無理ですが、結果から言えばバイトはできます、しかしいろいろと条件が厳しいです。

座学がメインとなる学生前半はバイトはいくらでも出来ます。但し、実習が始まるとバイトは休まないと厳しいです。なぜかと言うと、後に説明しますが実習は、その日の実習が終わってから記録物が大量にあり、翌日には提出しないといけない場合がほとんどなためです。

要領の良い人なら可能かもしれませんが、実習はかなり体力も精神も疲れるので、そのあとに記録とバイトというのはかなり難しいと思います。

そのため、短期や日雇いのバイトをしている子は多かったです。理解のあるバイト先なら実習の度に休みをもらうことで続けることもできるかもしれませんが、学生後半の実習は数か月単位で連続して行われるものもあるので、なかなか条件に合うバイト先を見つけるのは難しいでしょう。

そもそも学生が本業なのでバイトに専念しすぎて、学業をおろそかにはできません。実際に看護学生をしていて、バイトに本腰を入れすぎて学校を辞めた人も何人か知っています。

 

ちなみに管理人は学生時代は生活費も稼がないといけないので、卒業するまでずっと理解のあるパチンコ屋さんでバイトをしていました。

学校が終わって18~24時までのバイトを週5でして月15万くらい稼いでました。そのおかげで座学は良く居眠りして怒られていましたね、、、。もちろん、実習中は休んでました。

 

ほとんどの看護師が学生に戻りたくないと言う恐怖の実習とは

私も実習を振り返ると辛い日々しか思い出せないのでかいつまんでどう辛かったのかを紹介します。

①記録が多い

実習はとにかく記録物が多いです。その日の患者さんの記録から今後の予定などをびっちりアセスメントも含めて書いていかなければなりません。実習の内容によっては他にも記録物は多く存在します。しかも個人情報漏えいの観点からパソコンが使えないことが多く、そのほとんどは手書きです。

実習は毎日続きますので、帰ったら次の日までにすべての記録を書き終えなければなりません。

記録が下手な子は、毎日2時とかまで記録をして次の日の実習に臨んでいた子もいましたし、特に記録の多い実習期間には丸2日寝てないという子もざらでした。

 

②先生が怖い

普段は優しい先生もいますが、こと実習になると先生の様子が豹変します。やはり患者さんを受け持たせていただいている、実際の病院という現場で勉強しているということもあってか、日々厳しい指導がありました。私たちの代にはいませんでしたが、先輩には先生に蹴り飛ばされていた方もいました。

 

③看護師が怖い

患者さんの受け持ちをするとその日の受け持ちの看護師につくことになるのですが、その看護師が怖いということも多々ありました。自分の考えた看護計画を見てもらうのですが、何度罵倒されたかわかりません。そんな中でもきまって男性看護師は優しかったなぁ、、、

 

看護学校での男子学生の役割

もちろんのことですが看護学生時代から男子は少数です。割合的には1割から多い学年でも2割に満たない程度です。

私は社会人ということもあってそれほど形見の狭い思いはしませんでしたが、それでもやはり女の子だらけの教室では気を遣うことが多かったです。しかし職場とは違いみんな同じラインで学ぶ者として男女分け隔てなく女の子も普通に接してくれてました。

男子はやはりムードメーカーとしての役割を持ちます。先生にも、クラスの色は男子によって変わる、と言われていました。学祭とか、歓迎会とかはこぞってイベントごとのメインに立つのは男子です。私の学校では学祭で男子の出し物の時間まで用意され漫才やコントを強制的にやらされていました。

多数の女子の中で恥ずかしがってたり緊張して自分が出せないでいると、いざ看護師になって女性の世界に飛び込んでも生きていけないから、ここで修業しろってことなのかなってその時は思ってました。

 

ちなみに人数が少ない分、男子学生の結束は強いです。卒業して別々になった今も仲良くしています。

投稿日:2017年3月2日 更新日:

執筆者:

ブログランキング

ブログランキング始めました。ぽちっと押してくれるとランキングが上がってきます。ご協力いただけると嬉しいです。


看護師ランキング

ブログ統計情報

  • 32,398 アクセス