看護師の仕事が100倍楽しくなる方法【病院勤務マインド編その⑤】

こんばんわタクヤです。@f_c_t77

ちゃっかりシリーズにしてしまったこの【看護師の仕事が100倍楽しくなる方法】ですがとりあえずこの5回目で最後となります。

めちゃめちゃ楽しく看護師ライフを送っている私が実践している方法なのですが少しでも伝わって誰かの看護師ライフが楽しいものになってくれると嬉しい限りです。

 

【その⑤】自分の職場が全てじゃないことを知る。

はっきり言います。

 

嫌だったら辞めていいんです。

 

それが出来ないから辛いんだろって言う人もいると思いますが、なぜ辞めたらダメだと言う思いがあるのかを考えて見たことありますか。

・家族がいるから

・給料が下がるから

・周りに迷惑がかかるから

 

いろんな理由で辞めたくても辞めれず精神を削りながら仕事をしている人がいるかと思います。

 

けど一番最悪なことはなんでしょうか。

 

それは身体を壊してしまうことではないでしょうか。

 

そもそも働けなくなる、看護師という職業ではもう働けない、というところまで来てしまったら、それこそ

・給与はもらえず

・家族は養えなくなり

・色々な人に迷惑をかけてしまうことになりませんか。

 

それくらいならちょっとくらい給料が下がったとしても、

 

自分が楽しく働き続けられる職場を選ぶことの方が絶対的に大切なのです。

 

ありがたいことに今現在で看護師の需要はまだまだ衰えていません。

確かに一時期に比べて人気の大手の病院なんかは求人が減って来てはいますが、まだまだ地方の病院や訪問看護ステーションなど看護師を必要としている職場は腐る程あります。

 

看護師という職業を捨てなければまだまだ働き口はいくらでもあるのに、そもそも看護師自体を続けられないほどに消耗してしまってはそれでこそハローワークに通って仕事をほとんど選べない中で探していかなければならないリスクもある訳です。

 

どんなに偉い上司も会社を出ればただの人

職場での人間関係に悩んでいる看護師も多いかと思われます。

特に女性社会の看護師業界ではこの人間関係が円滑に進まないからこそ辛いという人が本当に多くいます。

 

私も以前の病棟師長がかなり苦手でした。

一番ひどかった時なんか別に悪いことしていないのに一方的に仕事の後に4時間くらい説教を食らったときもあります。

上司に恵まれない時なんかは特に仕事が辛くなりますよね。

 

でも私は分かっていました。

 

この人が偉いのはこの職場の中だけだということです。

 

別に社会的な信用がとてつもなく大きい訳でもなければ、自分の人生に置いて今後重要な存在になる訳でもないということです。

 

職場を出ればただの人ですし、同じ職場で働く人以外の1億人以上の人にとっては、

 

ただのおじさん、おばさんなんです。

 

 

確かに師長という存在は職場に置いては大きな存在かもしれませんが、この世の中でどれだけ師長というポジションの人間がいると思いますか。

 

看護師は現在約100万人います。これは専門職としての就業者数としては最大規模です。

 

病棟の人数が多くて30〜40人くらいいると考えれば師長、つまりは管理職として働く看護師は1万人以上いる訳です。

 

そう考えると、今現在働く職場の上司に嫌われたり、目をつけられたところで、それが=自分の看護師としての実力を決める訳ではないのです。

 

そりゃあ1万人以上もいる訳ですから、人間合う人合わない人もいます。

 

つまりは職場によってはもっともっと自分が輝ける場所、楽しく働ける場所がきっとあるという訳です。

 

人間関係でも仕事内容でも、もし辛いなら、今の職場で頑張れなければ他でも頑張れないなんて考えは妄想です。

 

まとめ

まとめると、

看護師でいる以上現時点では職場はいくらでもありますし

上司はただのおじさん、おばさんな訳です。

 

勘違いして欲しくないですが、別に今の仕事を辞める前提で働けという訳ではありません。

本当に嫌だったらいつ辞めてもいいくらいの気持ちでいようということです。

 

労働者として働いている以上1日のうち8時間は仕事をしている訳です。残り16時間のうち6〜7時間は寝てると考えれば、

起きているうちの半分は仕事に費やしている訳です。

 

そんな大切な時間が辛い時間だとしたら、人生の半分の時間は辛い時間になるという訳です。

 

そんなの絶対嫌じゃないですか?

 

本来仕事は楽しい気持ちでやるべきものなんです。

 

しかし職場環境がすぐに変わることはありません。変えられるのは自分だけなんです。

 

考え方だけで仕事が楽になるなら安いものだと思いませんか?

 

ぜひ実践して看護師という仕事を少しでも楽しんでもらえたら何よりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA