高い?全国の看護協会の会費を比較、そもそも絶対入会しないといけないのかについてまとめて見ました。

こんにちはタクヤです。@f_c_t77

今日ふと看護協会の会員証に目がいきました。

そういえば今年もあんまり院外研修行かなかったなぁ毎年勿体無いなぁと思ったのですが。

 

みなさん実は都道府県別で看護協会の会費って全然違うってご存知でした?

 

ホームページを探してみると全国の看護協会の会費がまとめられているサイトがなかったので、じゃあ調べてまとめてみようと思いたったので記事にしてみました。

さらに調べているうちに

 

「そもそも看護協会って絶対に入らないといけないのか?」

 

とも思い、そもそも入る必要があるのかないのか、入らないことのメリットとデメリットについても調べてみました。

 

都道府県別の看護協会の会費を比較

都道府県別看護協会費用一覧(平成30年11月11日時点)

都道府県 年会費 入会金 施設維持費 新規登録費用合計
北海道 16500 0   16500
青森 12000 10000   22000
岩手 15000 20000   35000
秋田 11000 30000   41000
福島 11000 1000   12000
宮城 13000 15000   28000
山形 14000 0   14000
新潟 11000 10000   21000
栃木 10000 20000   30000
茨城 10000 12000   22000
千葉 11000 12000   23000
東京 15000 5000   20000
神奈川 11000 20000   31000
山梨 18500 0   18500
群馬 10500 10000 30000 50500
埼玉 11000 36000   47000
静岡 10000 23000   33000
長野 11000 50000   61000
岐阜 12000 20000   32000
福井 14000 30000   44000
石川 11000 0 35000 46000
富山 11000 40000   51000
愛知 10000 0   10000
滋賀 12000 5000   17000
大阪 10000 20000   30000
三重 10000 20000   30000
奈良 14500 10000   24500
和歌山 15000 10000   25000
京都 11000 9000   20000
岡山 12000 20000   32000
兵庫 13000 10000   23000
鳥取 15000 50000   65000
島根 18000 10000   28000
広島 15000 30000   45000
山口 15000 30000   45000
香川 11000 10000 50000 71000
徳島 15000 20000   35000
高知 15000 3000   18000
愛媛 12000 20000   32000
福岡 10000 0 40000 50000
佐賀 13000 0 60000 73000
大分 13000 3000   16000
宮崎 13500 0 50000 63500
長崎 14500 20000 不明記        34500+α
熊本 11500 0 30000 41500
鹿児島 12000 8000   20000
沖縄 13000 0   13000

※年会費は日本看護協会の年会費が含まれています。日本看護協会の年会費は一律5000円/年です。

 

※施設維持費は別途で支払う県と年会費や入会金にまとめている県とがあったので別途で請求されている県だけ明記しました。またほとんどが分割での請求可となっています。

 

※長崎県は施設維持費が別途必要とのことだったのですが金額が不明記だったので+αとしています。

 

※日本看護協会と都道府県の看護協会の加入はセットです、どちらか一方だけの加入はできません。

 

都道府県の看護協会の年会費では最も高いのが山梨県

最も年会費が高かったのが山梨県で18500円でした。

 

入会金がまとめられているからだとは思いますが、長年働いてずっと加入しているとしたらその費用は最も高くなります。

 

安いところでは栃木、茨城、静岡、愛知、三重、福岡が10000円でした。

 

都道府県の看護協会の新規登録費用では最も高いのが佐賀県

新規登録費用が最も高かったのが佐賀県でその額なんと73000円です。

 

施設維持費がべらぼうに高い!!

 

どんだけ質の良い施設と研修内容なのかまでは不明ですが中々にぶっ飛んだ金額なので転職される方などは注意が必要です。

 

めちゃめちゃ優秀な愛知県

愛知県はなんと入会金不要!年会費10000円のみと他と比較してめちゃめちゃに安いです。

看護師の人数が多いのか、施設がしょぼいのか、県が助成しているかは不明ですが、新卒で愛知で就職した看護師が佐賀県行ったらびっくりしてしまうかもしれませんね。

 

そもそも看護協会には絶対入らないといけないのか

結論から言いますともちろんNOです。

看護協会への加入は任意なので看護師として働いているからといって看護協会の会員にならないといけないという決まりはありません。

 

ただし、看護師として働く上で2年ごとに申請が必要な都道府県の看護協会への登録は必要なのでそこは間違えないようにしましょう。

 

しかし、ほとんどの働く看護師は当たり前のようにこの看護協会に加入しています。

それはこの看護協会の入会が働く施設単位で入会、継続のとりまとめを行っていて、施設があたかも入会が施設の雇用条件かのように取り計らっているからです。

 

新人で入る時なんかはそもそも絶対に入らないといけないものではないってことなんか頭にはこれっぽっちもないまま入らされてしまっているのが現状なのでは無いでしょうか。

 

施設での雇用条件に看護協会の加入が必須であるかは何気に調べておいても良いかもしれません。

 

看護協会の会員であるメリットとデメリット

メリット

・研修が割引価格で受けられる

自分で選択する必要がありますが看護師としてのスキルアップのための研修に会員価格で参加できます(ちなみに会員でもそれなりにかかります。)。

 

・看護職賠償責任保険制度に安く加入できる。

万が一業務中に医療事故を起こし訴訟を受けた際にその賠償金の保証が受けられる保険に年額2650円で加入することができます。ちなみに一般の会社でも年額5000円前後で加入できる保険があるってことを案外看護師知りません。

 

・認定看護師になるための研修が受けられる。

認定看護師は日本看護協会が定めている資格なので、認定看護師になるためには必須です。ちなみに特定看護師(特定行為に係る看護師の研修制度)は国が定めているものなので研修自体は日本看護協会が国から委託を受けて実施していますが会員であることは受講資格にはありません。

 

・キャリナースが使える

日本看護学会論文集、調査研究報告などの閲覧、文献検索のほか、研修の受講履歴の記録・管理ができます。

 

・毎月機関紙「協会ニュース」がもらえる

看護協会の活動のほか、保健医療福祉に関する国の動きなどを紹介している機関紙が毎月届きます。ちなみに私はほとんど見てません。

 

・その他

特定施設の利用の割引が受けられる、見舞金がもらえるなどちょこちょことした特典があります。また都道府県別で別途サービスが用意されています。

 

デメリット

・入会金、維持費がかかる

これに尽きます。実際払っている金額以上に活用出来ている看護師なんかほとんどいないのでは無いのでしょうか。

 

・総会に出席しないといけなくなる

全員ではありませんが大きな病院になどになると代表として総会に出席させられるケースもあります。偉くなれば看護協会の役員などの仕事も任されることになります。

 

・キャリアアップに障害が出る(かも)

師長クラスならまだわかりませんが、大きな病院の看護部の役職クラスになると都道府県の看護協会とのつながりが強くなるためまずもって会員じゃ無いっていう人はいないと思います。

大きな病院の看護部長が都道府県の看護協会に天下りクラスアップするってことも全然あるのでやっぱり偉くなってきたら会員にならないと厳しいかもです。

 

看護協会を退会する方法

上で見たメリット、デメリットを見て、高い入会金や毎年の年会費を払うだけの価値を見出せない人はそもそも入らないという選択があっても良いのでは無いかと思います。

 

施設をやめる時は看護協会の退会の申請をしてくれるか確認するのが大事

また結婚や別の職種を目指すなどして看護師をやめる人なども、働いている施設が看護協会の退会の申請をしてくれるかどうかの確認は必ず行いましょう。

 

大きな病院などの施設ではほとんど施設側で退会手続きを行ってくれますが、小さな施設では個人で退会の申請をする必要があります。

 

入会資格は毎年3月31日までで、1日でも過ぎると1年分の年会費が掛かって支払いの義務が発生するため注意が必要です。

 

個人で退会する場合

退会するには各都道府県の看護協会にて退会申請用紙を記入し提出する必要があります。

 

様式は各都道府県別に異なりますが日本看護協会と都道府県の看護協会の退会はセットなので別々に申請する必要はありません。

 

ちなみにFAXやメールでも申請は可能です。

 

一般で入れる看護職賠償責任保険の紹介

看護協会に入っている看護師の多くは賠償責任保険があるからという理由で入り続けている人がほとんどだと思います。流石に研修とかの割引とかいらないよって人はいても、何か起こった時の訴訟は怖いっていうのは間違いありません。

そこで看護協会で準備されている賠償責任保険以外で入れるものをいくつか紹介します。

 

株式会社エージェント

年間掛け金:5000円

HP:https://www.a-gent.co.jp/medical/nurse/

 

株式会社Willnext

年間掛け金:2980〜3440円

HP:https://www.medic-office.co.jp/willnext/nurses/ 

 

株式会社メディカル保険サービス

年間掛け金:5640円

HP:http://www.medical-hoken.com/songai/liability/nurse.html

 

以外と安く入れるものもあります。スケールメリットもあり看護協会の保険は2650円と割安ですが、年会費に10000円以上かけていることを考えれば、これらの看護職賠償責任保険だけ入っておくというのも手かもしれません。

 

まとめ

まとめます

・看護協会への入会は県によってはかなりお金がかかる。

・看護協会には絶対入らないといけない訳では無い。

・やめるのは簡単にやめれる。

・看護協会やめても看護職賠償責任保険は他に色々ある。

 

正直行って俺は看護協会に入るメリットをこれっぽっちも感じていません。

 

来年どうしようか正直考えものです。

 

でもこんな記事書いちゃうと看護協会の怖いババァオネェ様方に目をつけられないかちょっと心配です。俺が消されることは無いでしょうがもしこの記事が消されたらそう言うことだと思ってください。

 

 

”ピンポーン”

 

ん、誰だろうこんな時間に・・・・・・・

 

 

 

twitterもしていますので、もしよければフォローしてくれるととっても激しく喜びます。あとブログランキングも頑張ってます、よければポチってくれると現在のランキングがわかります。


看護師ランキング

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA