【副業】中国輸入の物販ビジネスを始めた話

こんばんわタクヤです。@f_c_t77

最近色々と副収入の蛇口を探していました。現在一番頑張ってるつもりなのはブログなのですが。。。。

 

はい、まだ全然収入ありません。゚(゚´Д`゚)゚。

 

まぁ復活して全然経ってませんし、まだまだPV数も少ないのでもちろんしかないですが、ゆっくりながらも徐々に増えてはいるのでブログはブログで頑張ってます。

 

でも本音は

 

さっさと大きな副収入が欲しいよ〜٩( ‘ω’ )و

 

ブログは時間がかかるんです。だからブログの他にもう一つくらい副業を頑張ってみようと思ったんです。

 

色々探しました。

 

・FX

・株

・投資信託

・不動産

・物販

 

色々調べた結果私が選んだのは

 

物販ビジネスです。

 

なぜ物販ビジネスを選んだのか

先に述べたFX(バイナリー含む)や株の短期トレードなどは以前にも挑戦したことがあったのですが、正直以下のような理由で自分には合わないことがわかっていました。

 

・自分のルールを守れない(勝ってるとイケイケになってしまう)

・取り扱う金額が大きくなると自制心を保てない(金額が大きくなるとビビり、負けるとさらにひよる。)

・看護師という仕事上取引時間を十分に確保できない

 

不動産投資は初期投資が必要ですし、素人が何のコネもなく始めるのはあまりにもリスクが高いのでダメ。

投資信託は現在もやってますが長期投資なのですぐには現金化しにくい。

 

ということで消去法で物販ビジネスに行き着いたというわけです。

 

物販ビジネスとは

知ってる人もいるかと思いますが一応説明。

 

物販ビジネスはいたってシンプル

 

安く仕入れて、高く売る

 

それだけです。

 

問題はどうやって安く仕入れるのか、どうやって高く売るのかってところです。

そこがとっても難しい、シンプル故にライバルも多いため、簡単だけど難しいビジネスです。

 

物販ビジネスのメリットとデメリットを以下にまとめました。

 

メリット

・簡単に始めやすい。

・自分の資金に合わせてできる。

・売れるものが見つかれば再現性が高い。

 

デメリット

・商品単価によっては数をこなさないと稼げない。

・売れる商品のリサーチが大変。

・どこから仕入れるかによって利益が異なる。

 

などです。

 

なぜ中国輸入なのか

私が仕入先として選んだのは中国です。

みさなん何となくわかると思いますが、中国は商品がとんでもなく安いです。

 

でもそういうと

 

「中国商品って品質が悪いんでしょ。」

 

って思う人がほとんどでしょう。

 

確かに昔はそうだったかもしれません。

 

しかし現在中国の経済成長率、GDPは日本を抜いてアメリカに次いで世界第2位と、とてつもない経済大国へと進化しています。

 

案外知られていませんが、スマートフォンの世界シェアでも、中国のHuaweiがAppleのiphoneを抜いて第2位になったことも最近話題になりましたね(ちなみに1位は韓国のSamsung)。

 

今中国は日本人がイメージしているより、技術的にも経済的にも日本より上を行ってるんです。

 

そんな中で、小売される商品もひと昔に比べかなり品質は良くなってきています。

 

そもそも日本で買う商品の多くはmade in chinaですよね。けど品質悪いなぁってあんまり思わなくなったと思いませんか?

 

そう、今現在中国商品の多くは十分に日本人の満足に叶うものになってきているのです。

 

今は

 

安かろう悪かろう

 

ではなく

 

安かろう悪くはなかろう

 

なのです。

 

だからこそ中国輸入という方法を選んだのです。

 

どこで仕入れるのか

私が仕入先に選んだのは中国版amazonと呼ばれるタオバオです。

 

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、このタオバオは中国ではとんでもないユーザー数を誇るモンスターショッピングサイトです。

ちなみにどれだけ凄いかというと。

 

amazonが取扱商品数が5000万点と言われているのに対し

 

タオバオの取扱商品数は8億点と言われています((((;゚Д゚)))))))。

 

amazonですら小さく見えてしまいすよね。ちなみにどのような商品があるか紹介してみます。

 

 

このダウンのコートいくらだと思いますか?

 

何とこれたったの48元なんです。1元が現在日本円で18円なので、日本円換算すると

 

何とびっくりの864円です((((;゚Д゚)))))))。

 

別に特別安いのを探したわけじゃありません。

タオバオのサイト行ってパッと目についた商品です。

 

そう、タオバオにはこんなびっくり価格の商品がゴロゴロしています。

 

日本だったら2980円でも安いって思って買っちゃいませんか?

 

この安さで品質も悪くないならブランドとか関係なくても欲しい人は見つかります。

 

中国商品輸入の難しいところ

こんなに安い商品がゴロゴロるなら誰でも中国輸入で転売ビジネスしたいと思いますよね。

ただ現在個人レベルで中国輸入をしている人はあまりいません。それには以下のような問題点があるからです。

 

①中国語が分からない

タオバオを始め中国のマーケットはほとんど中国語で書かれており、日本語が通用しません。

 

一応タオバオには日本語サイトもありますが、商品数がかなり限定されてしまうためお得な商品が減ってしまいます。

英語なら何となくで読める人もいるかもしれませんが、中国語はある程度勉強しないと全くわかりません。

 

サイトの登録を始め、セラーとのやりとりなどももちろん中国語になるので、かなりハードルが上がってしまいます。

 

②輸入費がかかる

海外商品となるので輸送費はもちろん、関税もかかります。

商品自体が安くても一個一個に輸入にかかる費用が大きくなれば利益は小さくなってしまいます。

 

③中国商品というイメージが悪い

先にも述べました通り、中国製品はまだまだ日本では安かろう悪かろうのイメージが強く、始めから商品が中国輸入品というような紹介の仕方をするとたとえ安くても買手は購入を控えてしまいます。

 

上記で述べた通り、中国輸入をしようとするとそれなりの壁があるため、中国輸入による物販ビジネスをする人が少ないと言われています。

 

これらの問題点を解決できればブルーオーシャンのビジネス

今回私はこれらの問題点をそれなりに解決できたため、この中国の輸入ビジネスを開始することができました。

どうやって解決できたの?っていうのは個人的なノウハウになるのでその辺はここでは紹介できませんが、今後もこの輸入ビジネスの進展についてはブログで紹介していきたいと思いますので、ビジネスがうまく軌道に乗ったら少しづつ話をして行きたいと思いますので、楽しみにしててください。

 

以上、今回は私が最近頑張っている中国の輸入ビジネスの話でした。

 

あ、ちなみにこのビジネスを紹介して高額な情報商材を買わせようとか1ミリも思ってませんので、そこは安心してくださいね٩( ‘ω’ )و。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA